主な原因ウイルス

手のひらや足の裏、口の中など柔らかい部分に発疹や水疱がでる手足口病
子供がいる人は自分の子供がかかったこともあるのではないでしょうか。
乳幼児、小児がかかることが多い病気ですが、大人でもかかることがあります。
ここでは手足口病に関する情報をご紹介させていただきます。
乳幼児や子供によく見られる手足口病
最もかかりやすい年齢は1歳から5歳くらいと言われています。
手足口病の症状としてよくみられるのが、手のひら、足の裏、口の中にできる水泡性の発疹です。
また、手足口病は夏風邪の一種のため下痢や発熱がみられることもあります。
手足口病はいくつかのウイルスが原因で起きます。
主な原因ウイルスは腸管ウイルスであるコクサッキーA16とその変異型、そしてエンテロウイルス71です。
その他のウイルスも原因となる場合があります。
このように原因ウイルスが数種類あるため、何度も手足口病にかかる人もいます。
手足口病感染症ではありますが特に隔離する必要はありません。
また、発疹だけの場合は幼稚園や学校に行かせても大丈夫です。
しかし、鉄棒やのぼり棒など水泡が潰れるようなことは感染を起こすことになるので避けるようにしましょう。
また、プールも水泡がふやけてつぶれることがあるので避けたほうがいいでしょう。




RSS関連リンク


りょうたんにもうつりました…。


って固形物が飲み込みづらくなり、舌のただれ部分が白く潰瘍に。
足とおしりに水疱、間違なく手足口病だ…と小児科へ。
口の中をみてもらうと、まだ潰瘍になっているのは舌先だけ、でも喉の奥にプツプツができているとの



手足口病 大人


今、子供達が通う小学校や幼稚園では、手足口病と容連菌感染症が流行っています どちらも感染力が強いのでうちの子供達にも発症するかな? 、とドキドキして...>>手足口病更新 ...忘れてたわけじゃあないんですが、


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。