手足口病ってインパクトある

手足口病、聞いたことがありますか?インパクトが強く一度聞いたら忘れない病名の手足口病はその名の通り、手や足、口などにブツブツができる病気です。
冗談のような病名ですがこれはれっきとした病名です。
手足口病は英語では、hand,foot, and mouth disease(HFMD)と言います。
手足口病は乳幼児や子供に多くみられ、夏に発症することが多いウイルス感染症です。
症状の一つに発熱がありますが、発熱がない場合もあります。
またその他の症状に手、足、口、おしり、ひじやひさなどにあわられる水泡性の発疹、軽い下痢や嘔吐などがあります。
手足口病になると口の中の発疹のため食事が摂り難くなります。
特に舌にできるものは大きくなりやすく痛みが強いため乳児の哺乳力低下、子供の食欲不振につながり脱水傾向になることがあるので注意が必要です。
手足口病の原因となるウイルスは一種類ではないため予防接種はありません。
手足口病は夏風邪の一種なのでそれほど気にする必要はありませんが、稀に髄膜炎になる場合があります。
子供の様子をきちんとチェックし、微熱が続いたり高熱が出たり、その他、頭痛や嘔吐、けいれんなどが見られた場合は早めに病院に診察を受けに行くようにしましょう。




RSS関連リンク


子供の病気大人版


かかる病気があります。
たぶん、一般の内科医(勤務医はもちろん、一般開業医の内科医師も含めて)のほとんどは、手足口病や、りんご病、ヘルパンギーナなど、子供に多い病気が大人にかかっても風邪として診ていると思います。
(自分はちゃんと区別し



9月1週


9月1週(3日-8日)の動向です。
RSウイルス感染症 0 咽頭結膜熱 0 溶連菌感染症 0 感染性胃腸炎 12 水痘 0 手足口病 1 伝染性紅斑 0 突発性発疹 1 百日咳 0 風疹 0 ヘルパンギーナ 9 麻疹 0 流行性耳下腺炎 0 インフルエンザ 0 今週は台風9号の直撃もあ


乳幼児や子供に多い

乳幼児や子供の間で見られる病気、手足口病
手足口病は比較的よく見られる病気で、保育園や幼稚園など子供が集まるところで流行することがあります。
手足口病は小さいお子さんをもっているお父さんやお母さんなら一度は聞いたことがある病名なのではないでしょうか。
手足口病の主症状に手のひら、手足の指と指の間、足の裏などに水泡性の発疹があります。
また口の中にも同じように発疹があらわれます。
乳児の場合はひざやひじ、おしりなどに発疹があらわれます。
発疹のあらわれる箇所は口の中だけの場合や、手足などの皮膚の発疹だけの場合があります。
夏風邪の一種である手足口病は発症後、だいたい1週間から10日ほどで治る感染症です。
乳幼児や子供が手足口病を発症した場合、発症した子供に接した後はよく手を洗いましょう。
ウイルスは便中に排泄されるので便の始末をしたときは特によく手を洗うようにしましょう。
乳幼児や子供によくみられる手足口病は夏風邪の一種で自然に治りますが、口の中や舌にできた口内炎でミルクを飲まなかったり、ご飯を食べない場合は脱水症状を起こす心配があります。
その場合は病院で診察を受け、必要な場合は医師の診断のもと、点滴やビタミン剤の治療を受けるといいでしょう。




RSS関連リンク


おたふく


ってる可能性があるから、受けれないよね。
渡米までに注射 間に合うかなぁ。
それにしても、世の中不思議な病気が多いよね。
娘がこれまでかかった病気、ほんと不思議だ。
手足口病とか、水ぼうそうとか・・・。
病名がよく考えると変だよね。
おたふくも



ほひ?;


ゎ?;; 手足口病に罹ったぁぁぁ??ww(笑えない; すでに手足にできもの発生!! 足の裏にまで及び、歩くたびに痛い?(-A-;) うちの妹が保育園からもらってきた!! でも3日で完治!!(すごw; 私ゎ今日で3


手のひらや足の裏に水ホウが

手のひらや足の裏、口の中など柔らかい部分に発疹や水疱がでる手足口病
子供がいる人は自分の子供がかかったこともあるのではないでしょうか。
乳幼児、小児がかかることが多い病気ですが、大人でもかかることがあります。
ここでは手足口病に関する情報をご紹介させていただきます。
手足口病はウイルス感染症の一つで微熱や水泡性の発疹がみられる病気です。
発疹は手のひらや足の裏、口の中などにあらわれます。
また、おしりやひじ、ひざ、太ももなどにもあらわれることもあります。
手足口病は乳幼児や子供に多くみられる感染症として知られています。
夏風邪の一種である手足口病は発症後、だいたい1週間から10日ほどで治る感染症です。
乳幼児や子供が手足口病を発症した場合、発症した子供に接した後はよく手を洗いましょう。
ウイルスは便中に排泄されるので便の始末をしたときは特によく手を洗うようにしましょう。
手足口病感染症ではありますが特に隔離する必要はありません。
また、発疹だけの場合は幼稚園や学校に行かせても大丈夫です。
しかし、鉄棒やのぼり棒など水泡が潰れるようなことは感染を起こすことになるので避けるようにしましょう。
また、プールも水泡がふやけてつぶれることがあるので避けたほうがいいでしょう。




RSS関連リンク


ピコピコポン


息子よ。
なぜ君は、ブツブツなのか。
なぜ、またもや口の中がブツブツなのか。
また手足口病なのか。
だから、微熱が続くのか。
やめておくれ。
おかあさんは、今月は仕事を休みたくないよ。
気のせいさ。
ブツブツなんて、見えないよ。
あはは。
は?



お熱


のですが、月曜、よだれもひどくなり、口の中を「いたい」「いたい」を指差すので、お医者さんに通っているうちに『ヘルパンギーナ』と診断されました。
(最初手足口病といわれたけど、手足に発疹がでませんでした) 夏の


夏に多い病気

乳幼児や子供の間で見られる病気、手足口病
手足口病は比較的よく見られる病気で、保育園や幼稚園など子供が集まるところで流行することがあります。
手足口病は小さいお子さんをもっているお父さんやお母さんなら一度は聞いたことがある病名なのではないでしょうか。
手足口病は乳幼児や子供に多くみられ、夏に発症することが多いウイルス感染症です。
症状の一つに発熱がありますが、発熱がない場合もあります。
またその他の症状に手、足、口、おしり、ひじやひさなどにあわられる水泡性の発疹、軽い下痢や嘔吐などがあります。
手足口病の発熱は通常微熱程度ですが高熱が出る場合もあります。
熱が発生してから2、3日後に手や足、口などに発疹があらわれます。
手足口病は基本的には1週間から10日ほどで自然に治ります。
ただし、高熱がでたり微熱が持続したり、嘔吐を繰り返す場合などは要注意です。
手足口病になると、口の中や舌の発疹により食事ができないことがあります。
子供が手足口病になったら食事内容に気をつけ、酸っぱいものや辛いものなどは避け、口にしみないものを出しましょう。
また、感染が広がらないように子供に接した後は必ずよく手を洗うようにしましょう。




RSS関連リンク


怪しい・・・


は良く元気いっぱい なので、お母ちゃんの会社の飲み会に参加 今日は、散髪⇒英語教室⇒歯医者のスケジュールをクリア 食欲もあり、元気いっぱい だが・・・ 何度か“お口が痛い"と・・・ 手足口病か 口の中を見ても水泡はなし でも、熱が38度弱 明日は、楽天 ロッテ



インフルエンザ


て 見ると38.5℃もあった。
本人もずっと泣いている。
耳鼻咽喉科はキャンセル、急遽小児科へ。
医者が手足を見て、「手足口病の症状が出ていますね」という。
インフルエンザも流行っているからと調べてみると陰性という結果で ホッとした


主な原因ウイルス

手のひらや足の裏、口の中など柔らかい部分に発疹や水疱がでる手足口病
子供がいる人は自分の子供がかかったこともあるのではないでしょうか。
乳幼児、小児がかかることが多い病気ですが、大人でもかかることがあります。
ここでは手足口病に関する情報をご紹介させていただきます。
乳幼児や子供によく見られる手足口病
最もかかりやすい年齢は1歳から5歳くらいと言われています。
手足口病の症状としてよくみられるのが、手のひら、足の裏、口の中にできる水泡性の発疹です。
また、手足口病は夏風邪の一種のため下痢や発熱がみられることもあります。
手足口病はいくつかのウイルスが原因で起きます。
主な原因ウイルスは腸管ウイルスであるコクサッキーA16とその変異型、そしてエンテロウイルス71です。
その他のウイルスも原因となる場合があります。
このように原因ウイルスが数種類あるため、何度も手足口病にかかる人もいます。
手足口病感染症ではありますが特に隔離する必要はありません。
また、発疹だけの場合は幼稚園や学校に行かせても大丈夫です。
しかし、鉄棒やのぼり棒など水泡が潰れるようなことは感染を起こすことになるので避けるようにしましょう。
また、プールも水泡がふやけてつぶれることがあるので避けたほうがいいでしょう。




RSS関連リンク


りょうたんにもうつりました…。


って固形物が飲み込みづらくなり、舌のただれ部分が白く潰瘍に。
足とおしりに水疱、間違なく手足口病だ…と小児科へ。
口の中をみてもらうと、まだ潰瘍になっているのは舌先だけ、でも喉の奥にプツプツができているとの



手足口病 大人


今、子供達が通う小学校や幼稚園では、手足口病と容連菌感染症が流行っています どちらも感染力が強いのでうちの子供達にも発症するかな? 、とドキドキして...>>手足口病更新 ...忘れてたわけじゃあないんですが、


手足口病は夏風邪

手のひらや足の裏、口の中など柔らかい部分に発疹や水疱がでる手足口病
子供がいる人は自分の子供がかかったこともあるのではないでしょうか。
乳幼児、小児がかかることが多い病気ですが、大人でもかかることがあります。
ここでは手足口病に関する情報をご紹介させていただきます。
乳幼児や子供によく見られる手足口病
最もかかりやすい年齢は1歳から5歳くらいと言われています。
手足口病の症状としてよくみられるのが、手のひら、足の裏、口の中にできる水泡性の発疹です。
また、手足口病は夏風邪の一種のため下痢や発熱がみられることもあります。
夏風邪の一種である手足口病は発症後、だいたい1週間から10日ほどで治る感染症です。
乳幼児や子供が手足口病を発症した場合、発症した子供に接した後はよく手を洗いましょう。
ウイルスは便中に排泄されるので便の始末をしたときは特によく手を洗うようにしましょう。
手足口病になると、口の中や舌の発疹により食事ができないことがあります。
子供が手足口病になったら食事内容に気をつけ、酸っぱいものや辛いものなどは避け、口にしみないものを出しましょう。
また、感染が広がらないように子供に接した後は必ずよく手を洗うようにしましょう。




RSS関連リンク


発熱→手足口病


息子が発熱してから5日。
熱はひいたが今度は下痢&発疹がでたので昨日再び病院へ。
そしたら診断は手足口病
口の中にも1つ発疹があるから食事を嫌がると聞き、納得。
それ相当の処置やお薬をもらいとりあえずは落ち着く。
どこでどうい



発疹や水泡ができる手足口病


水泡ができる 手足口病 も乳幼児や子供に見られる病気の一つです。
手足口病 に似た病名に口蹄疫というものがあります。
これは家畜の伝染病の一つで 手足口病 とは無関係の病気です。
混乱しないように注意しましょう。
手足口病 はウイルス感染


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。